定期運行
  平成27年4月18日より運行が始まります。
 
     特別運行
  運行内容は、その都度ご案内いたします。

  ※ 汽笛は短笛で毎回の発車時に鳴ります。

 
■施設のご案内

群馬県・川場村 「ホテルSL」の敷地内に敷設された約150mの線路上を、圧縮空気方式によって動態復元したD51561号機が走行いたします。
 
   
   

○ ご見学時の注意事項
  お客様の安全を守るため、ホームに入場された際には係員の指示に従ってください。
  機関車が停車している時に限り、運転室内をご見学いただけますが、機器類には手を触れないようお願いいたします。
  運転室内は大変滑りやすく多くの突起物がありますので、怪我のないようにご注意をお願いいたします。
  機関車が停車している時は、線路から撮影することもできます。線路内は大変足場が悪くなっておりますので、充分にご注意ください。

○ お問合せ
 ・電話: 0278-52-2241 ホテルSL
 ・受付時間: 運行日の 10:00 ~ 17:00

尚、「ホテルSL」へのアクセスはこちらをご覧ください。

■最近の記事
■カテゴリー別の記事
■リンク集
■当サイトに並びに運行に関して

川場村・D51561号機

当分の間、当サイトへのコメント投稿は控えさせていただきますので、ご了承ください。

ご注意)
当サイトに掲載されております全ての情報(文章・画像等)の著作権は ブログ管理者に帰属します。著作権は日本国著作権法および国際条約により保護されています。文章・画像等の無断複製や転載 それらに似た すべての行為(Webサイトなどへの無断使用などを含みます)を かたく禁止いたします。

■群馬県の天気予報

■サイト内検索

■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
蒸気を保って・・・「保火番」のお仕事
蒸気機関車は一度火を入れたら、その火を落とすまで
圧力を保ちながら、火を絶やさないようにしなければならない事は、
皆様が良くご存じの所です。

国鉄時代に蒸気機関車がたくさん維持管理されていた頃のお話。

「保火番」と言う役割が有ったそうです。
一晩中、蒸気機関車の命とも言える火室内の「火」の見守りを行っていました。

現在も蒸気機関車を抱える機関区や鉄道会社で行われています。
その様子の一部を一緒に覗いてみませんか。



下記の画像は「埋火」と言う状態だそうです。





火室の中でこんもりと小さな山が出来、火力を保ち続けます。
「保火」の状態です。



20140402061217.jpg


圧力計も上々。

出庫に合わせてぴたりと圧力も上がりました。


20140402061410.jpg



秩父鉄道のC58です。
このC58363号機も走行前の夜には同じように「保火番」が行われ、
定時発車に向けて準備されているんですね。

川場のD51561号機は、圧縮空気で動きますので、「保火」の必要は有りません。


尚、「保火」の画像とC58363号機の画像の関連はございません。
誤解の無いよう、お知らせ致します。




20140403084927.jpg
つぶやき | 15:00:00

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。